石田クリニック New HP-1.jpg

ごあいさつ

現代の社会背景

近年、学校教育、離婚問題、家庭内暴力、高齢化、情報のIT化、経済的不況など、様々な問題の中で、我々はストレスや不安、時には恐怖を感じながら生きています。こういった社会的状況、心理的状況がうつ病や神経症、パニック障害、心身症などを引き起こしたりします。また人間の身体的症状の形成に、ストレス、葛藤、不安感などの心理的要因の関与が言われていますが、多忙な一般内科では心理的側面へのケアが困難であるのが現状です。

石田クリニックの目指すもの

私は、大阪医科大学付属病院、社会福祉法人恩賜財団大阪府済生会茨木病院、大阪精神医学研究所新阿武山病院での勤務医時代、あらゆる精神的心理的問題に取り組んでまいりましたが、心理的な側面へのケアがいかに重要かということを日々痛感いたしておりました。当クリニックは心理的側面のケアを主眼にしており、精神療法、薬物療法、心理テスト、カウンセリングを用いて、皆様に精神的に健康な状態を体得していただくことを目指していきたいと考えております。

gaikan[1].jpg

石田クリニック院長
石田 徹(いしだ とおる)

院長略歴

昭和58年 大阪医科大学卒業 神経精神医学教室に入局
昭和62年 大阪医科大学大学院博士課程に入学(専攻 神経精神医学)
平成2年 エール大学医学部に留学
平成3年 大阪医科大学助手(外来医長)
平成5年 同上(病棟医長)・医学博士の学位授与
平成6年 大阪医科大学講師
平成7年 大阪精神医学研究所新阿武山病院診療部長
平成8年 社会福祉法人恩賜財団大阪府済生会茨木病院メンタルケア科部長
平成13年 石田クリニックを開設
現 在 石田クリニック院長、(公社)大阪精神科診療所協会理事
日本精神神経学会 精神科専門医、日本心身医学会
精神保健指定医、大阪府四條畷保健所嘱託医
日本医師会認定産業医